« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

おすすめ作家

前回ネット犯罪の被害に遭ったお話をしました。後日ヤフーからメールがあり今回の利用料は返金しますとの事。ホッとしました。案外ヤフーはそういったことに関して自己責任なので何も対処してくれないと言われていたので意外でした。不正なオークションを落札され被害に遭われた方もみえた為の処置かも知れません。落札された方の被害状況は把握していませんが・・・。もちろん今回の件はパスワードを読み取られ不正使用された私にも非があります、深く反省し今後はこのようなことが無いようにセキュリティーには気を配りたいと思います。皆さんもパスワード変更などは出来るだけ頻繁に行うようにしましょう。

さて今回は作家についてです。中学から高校にかけて夢中で本を読みました。まあ他愛の無いミステリーや少年向けのSFなのですが・・・。ところがある日といっても30は過ぎた頃ですが会社の雑誌類が捨ててあるところで一冊の文庫本を見つけました。タイトルは「1973年のピンボール」です。村上春樹です。それが村上春樹との出会いでした。

その後「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「ダンス ダンス ダンス」「ノルウェーの森」を読みました。なんというか今までに読んだ事が無いような小説でした。不思議な感覚です。もっと早くに村上春樹に出会っていたら人生変わっていたかもしれません。(いや、ホント、大げさではなく)「スプートニクの恋人」「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」「国境の南、太陽の西」「海辺のカフカ」などなど、読まなければと思っています。今は「世界の終わりと~」を読んでいます。ベストセラーはリアルタイムで読む気になれないもんで。

そして先日、本屋で「村上春樹イエローページ」という文庫を見つけ早速買いました。それを読んで

「えっ?」

 と思うような解説がされていたため「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」を読み返しています。するとよくわかりました。私の読書は文字を追っているだけで文章を読み取っていなかったと。日付や音楽、その場面での天気いろいろな事が全て伏線となっていたりするんです。もちろん「イエローページ」に書いてある事が正解とは思いません。映画と同じく見た人が(読んだ人が)それぞれ考えればいいことですから。しかし私は村上の小説の読後感と言えば

唖然 

でしかなく何も考えられないんですよ。2度読めば違ってくるでしょうが、なかなかそんな時間的余裕がなくて・・・。ですから私は村上の小説を読み心地よい唖然を味わい、その後、村上の研究本なんかで小説の意味や解説を読んで楽しめればいいのかな?これも村上の楽しみ方でもあるのかな?と思っています。村上も語っているように「小説は発表されれば私の手を離れます。後は読者と小説とで話し合って決めてください。私はちょうど仲人のように後はお若いお二人で・・・というように退席させていただきます」と。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ネットの危険

ちょっとの間、更新してませんでした。更新する出来事はあったのですが、それ以上に更新しようとする気をなくす出来事があったからです。

それというのは・・・・・・・ネット犯罪です。まさか自分は大丈夫だろうと過信していました。というかネットを始めて6~7年になりますがそんな被害に遭ったことがなかったので油断をしていたと反省しています。

詳しくいうと8月17日琵琶湖へ仲間と遊びに行き、ブログを更新するためパソコンを立ち上げました。その前にオークションを見て気になるものをウオッチリストへ入れようとしたところ出来ませんでした。???何で???私のIDを見ると停止中となってるではないですか!!!「お、俺、何かしたか?」訳がわからずいろいろ見ていて利用明細にたどり着きました。すると、な、なんと使ってもいないのに今月の請求額が2万6千円になっているではないですか!何これ?もっと詳細を見てみると私がオークションで高額なカメラやコンサートチケットを売買したことになってます。その利用料が請求されてました。

正直へこみました。ヤフーへ相談しましたが「パスワード変更はユーザー責任です」確かに。セキュリティー上、パスワードは半年に1度は変更してくださいと呼びかけられていました。責任は私にあるのです。これくらいの金額ですんだのが幸いなのでしょうか?これくらいの金額なので泣き寝入りしてしまい同様のネット犯罪を助長させてしまうのでしょうか?泣き寝入りにならないように手を打ちたいと今後、検討しています。皆さんもパスワード変更などは頻繁にされた方が安心ですよ。

いやぁ~ブログを始めてからというもの書こうとする出来事には事欠かなくなりました。あまりいい出来事ばかりではありませんが\(◎o◎)/!

この件についても進展がありましたら更新したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にやら・・・。

カメラについて・・・。カメラを始めたのは、二十歳そこそこの頃。きっかけは鈴鹿サーキッImg_0120トに写真を撮りに行きたくて。スカイラインGT-Rが(R32です)サーキットに復帰すると聞いて。名古屋のカメラ屋○サヒドーカメラへ買いに行きました。まだカメラをよく知りもせず買いに行くと「キャノンよりミノルタがいいですよ」「サーキットへ行くならミノルタの望遠の方が小さいので使いやすいですよ」と店員に言われα-7700iを購入。久し振りに手にするカメラは勝手にピントを合わせてくれるスゴイものに変貌していました。それからミノルタでレンズやらフラッシュ、アクセサリーを揃えはじめました。

Img_0119やがて昔から欲しかったニコンNew FM2がオークションで出ているのを見つけスロットで勝ったお金でゲット。FAも女房のオヤジさんから譲ってもらいました。マニュアルで撮る楽しみをFM2には教えてもらいました。その後ミノルタのαー7を購入しました。レンズの沼へとはまり込んでいくのでした。

現在はα-sweet digitalが主力になっています。やはりデジタルを知ってしまうと、なかなかフィルムには戻れません。確かにフィルムはフィルムで楽しいのですが便利さを考えImg_0131てしまうとデジタルに軍配が上がってしまいます。 簡単さがどうもと言う人がいます。いい作品を撮るには、それなりにテクニックを駆使してと考える人もいるでしょう。しかし誰でも気軽に傑作が撮れる、これが今後カメラが生き残っていく術だと思います。昔ながらの人には不満な事でもあるでしょうが・・・。

でもやっぱり写真はいいですよね。最近よく小学校の運動会でビデオを撮っている方を見かけますがビデオは、ほとんど見返さないですもんね。その点写真は机や壁に飾って何度も見返して思い出したりしますから。思い出を残すという点では、やはり写真でしょう。カメラについてはアルバムに画像をアップしてますので興味のある方は、そちらも是非ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SE初打ち

タイトルを見てピンとこられた方もみえると思います。やっと私のよく行くホールにも北斗の拳SEがお目見えしました。自転車を手に入れてから、これといって欲しいものが無かったのでスロットはやっていませんでしたが、デジカメ一眼が欲しくなり(実は一つ持っているのですが・・・。)様子を見に少し打ってみようと思いました。一応、攻略本やテレビで打ち方の勉強をして(スロットは予習をしておかないと痛い目に遭うので)望みました。

初打ちの感想ですが・・・難しい!まず小役を揃えれるようになるのに一苦労。その後もいい役は引くものの一向にボーナスにならず。やっと当たったと思いきや単発。台を移動して青7の白オーラで当たり。これが何と23連チャン。初打ちで初昇天となりました。しかし前作と違い払い出しが少ない為23連でコイン2350枚ほど。その後もあちこち移動し打ちましたが長くボーナスは続かず結果として7000円勝ちで終了しました。まあ、初打ちでお盆休みを考えれば上々の出だしではないでしょうか?前作では中押しをすればチャンス目は見破れましたが今回はなかなか困難です。それに2チェの期待度もダウン。代わりに4チェの期待度が多少アップしたようです。果たしてこの機種は大儲け出来るのでしょうか?難しい気がします。演出もやたら多く期待させるため、ついつい打ってしますんですよね。ドッと出た後にすぐ見切りをつけ止めれるかどうかがカギになりそうです。(どの機種でもそうか?)その見切りも難しいときているので手強い相手になりそうです。しかし、何とかして一眼デジカメ目指して頑張ろうと思いホールを後にしました。そのカメラや今、持っているカメラについては次回にでも紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

スーパースター

先日、会社に勤めていた子から久々にメールがありました。内容は「ビリー・ジョエルのコンサートチケットが先行予約日だけどチケット取れた?」というものでした。ビリー・ジョエルは高校時代から20代半ばまで良く聞いたアーティスト。ファンといえばファンでした。知らなかったとメールを返信すると「私は取れなかった。電話が繋がらなかった。」とのこと。じゃあ、私が試してみましょう。会場はナゴヤドームなので売り切れは無いだろうと思い早速電話をしました。すると夜遅かったせいか簡単に繋がり、めでたくチケットを取ることができました。前回の来日時はエルトン・ジョンとのジョイントコンサートでしたので単独ライブとしては十何年ぶりになるのではないでしょうか?12月が今から非常に楽しみです。

今年はビッグアーティストが続々来日しますね。マライヤ・キャリー、マドンナ、U2も来るのかな?来年だったかな?ただ残念な事にマドンナは名古屋をすっ飛びです。多いんですよね~。名古屋をすっ飛ばしていくアーティストが。大体は東京、大阪、福岡なんですよ。中部地方のファンは大阪か東京のどっちかへ行けということでしょうか?まあ確かに名古屋は海外アーティストコンサートでは客が集まらないと昔から言われてましたけど。今回のビリー・ジョエルはどうでしょうか?ちなみに前回のエルトン・ジョンとのジョイントは満員だったようです。

コンサートの席がわかりました。39列です。と言う事はアリーナです!コンサート通じて初めてのアリーナです。アリーナは傾斜がないので前に背の高い人がくると見えないようで不安ですが・・・。まあ、生での演奏を楽しみたいので顔が見えなくてもいいですし、今はカラービジョンがあるので大丈夫でしょう。今回は昔の曲中心のライブになるようなので昔のアルバムを引っ張り出し予習をシッカリして望みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

限りない可能性の日

前回、予告しましたようにブログ名を変えさせていただきました。ROAD MOVIEです。ROAD MOVIEとは旅しながら(放浪しながら)起きる事を映画にしたもの。日々、生活しながら起きたことを書き記すには適していると思いました。それとロードバイクと映画が好きでこの話題が多くなりそうな事、この二つをかけてROAD MOVIEです。宜しくお願いします。m(__)m

さて、いよいよサラリーマンの一年での最大行事である長期休暇が迫ってきました。今年は9日間あります。自営をなさっている方には申し訳ないのですが9日間といってもあっという間に終わってしまうんですよね。連休前にちゃんと予定を立てていないと気が付いたら何もしないうちに終わってしまったなんて良くある事です。若かった頃はそう思いました。が、私も今年で43歳。なんとなく歳をとりましたが一つ得た事があります。それはヒマな一日を愉しむ事が出来ることです。ヒマであるということは、何もする事がないと言う事。つまりは何者にも束縛されていないと言う事!う~ん。すばらしい事ではないですか!読みかけていた本を読む事も出来ます、見逃していた映画を見に行く事も出来ます、箪笥に入れてあるカメラの空シャッターを切って整備する事も出来ます。ヒマであると言う事は限りない可能性のある一日だという事です。ね。ワクワクしませんか?特に私は、もう娘も大学生で親と過ごす時間も減ってきてますし、自分の時間を愉しめる環境にあるとも言えるのですが・・・。皆さんも「ヒマだ」「つまらない」というよりももっと「ヒマ」を大切に愉しみながら過ごしてみませんか?考え方次第で今までにない「特別な日」になるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

卑劣な行為

いきなり穏やかならぬタイトルで申し訳ありません。しかし、非常に残念なことが今日ありました。それは私と仕事仲間、会社の上司が昔の仕事仲間の方の親が亡くなられたので葬儀へ行った時の事です。葬儀を終えて駐車場へ戻ってみるとなんと上司の車の後部ガラスが割られ中にあった仲間のカバンが無くなっていました。その車は納車されて一ヶ月半の新車です。それが葬儀の一時間あまりの間に見るも無残な姿になっていました。幸いにもカバンの中には貴重品は入れておらず実質的な損害はなかったとはいうものの、このような卑劣な、車好きの敵とも思える行為には非常に腹が立ちました。葬儀に参列された親族の方の中にも被害に遭われた方がいたようで、この卑劣な者達は2件もの車上荒らしを働き、現金以外のものは側溝へ捨て、逃亡したようです。何故このようなことが白昼堂々と行われるのでしょうか?人影の少ない所ならいざ知らず、民家が立ち並ぶ街中で起こった事も驚きです。私たちにもスキがあったといわれればそれまでですが誰がそのような事を考えるでしょう?しかも葬儀という場に参列しようとしている時に!私の上司も努めて冷静にしていましたが胸中を考えると言葉も出てきません。朝、もし私の車で行っていたなら多分私の車が被害にあっていたかもしれません。このような事は私たちにも、また他の方にも二度と起こって欲しくない事です。

そんな中で側溝に捨ててあったカバンを交番まで届けていただいた方がいた事は嬉しく思います。カバンの持ち主である仲間が御礼の電話をした時に「こんな所にあるのはおかしい。ひったくりにでもあったのかと思って交番に届けた。大丈夫でしたか?」とおっしゃっていたそうです。今は他人の事には無関心。変な事に巻き込まれたくないと見て見ぬ振りをする人が多い中、優しい方もまだまだいらっしゃると再認識し、偏った見方で変にわかったような事を言っていた自分が恥ずかしくなりました。

車好きとしてパンク魔や車上荒らし、当て逃げや何かの腹いせにボディーにキズをつける困った奴ら、こういった者がいなくなるよう願っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

多忙な一日

本日は高校のOB会があり、久しぶりに懐かしい顔を見ることが出来ました。私はバレーボール部に所属していたので午前の部で体育館でOB同士の試合をし、夜は宴会。ここ3~4年続いている行事です。昼はマネージャーだった同い年のやつが讃岐うどん屋をやっているのでそれを振舞ってもらいました。みな40をとうに過ぎているのにバレーでは昔の感覚でやってしまいタイミングが合わなかったり足が動かなかったりで楽しく過ごせました。皆と会うと一気に高校時代にタイムスリップしてしまい今では社長をやっているやつも学生時代のアホなやつに戻ってしまいます。みんな、もう高校生の娘、息子がいるなんてとても信じられませんでした。でも女性はママさんバレーをやっている方が多く、卒業して随分経ちますが本格的です。それに比べて男連中ときたら・・・。仕事が忙しいのを言い訳にほとんど運動をしていないのが現実です。かくゆう私もその一人なのですが、それでも今年は自転車に乗っているからか、あちこちが痛くなる事がありませんでした。(まだまだ油断はできませんが・・・。)学生時代には恐れ多くて話す事さえ出来なかったOBの方とも気さくに話せて非常に楽しい会です。この会を呼びかけた同い年のマネージャーは実は難病でして、その彼が喜んでくれるなら一年に一回くらいは何を差し置いても参加したいと思っています。是非、彼も元気でこの会も長く続いて欲しいものです。

そして夕方からはテレビで有名な大槻義彦教授の講演会へ行ってきました。組合の要請で動員されたわけですが講演会は嫌いではなかったので・・・。話は大変面白く、テレビの裏事情(アンビリーバボーのやらせ)やらチョット前の宜保愛子さんのインチキな話とか、今、流行中の江原スピリチュアルのウソだとか興味深く聞かせてもらいました。内容をほんの少し話しますと今の霊能者なんて出演者に関することはインターネットで検索すればいくらでも出てくる。なんとでも話せるというものです。もし本当に彼が霊能があるのなら私(大槻)と対決させてくれ、私が交差点なんかで無作為に選んだ人を彼が霊視してどれだけ当たるかそれをやればすぐに分かる事だというものでした。う~ん。そういわれれば。今後は血液型、ホロスコープのインチキを暴いていきますとおしゃってました。こちらも興味があります。テレビで見る大槻教授は横柄で嫌な印象がありましたが、実際に見ると感情論だけで超常現象を否定していないのが分かり嫌な印象はなくなりました。それどころか非常にユーモアで親近感を覚える人柄でした。テレビが作り出す印象って怖いですね。私たちもテレビ(メディア)が作り出すウソやイメージだけに惑わされないように、よ~く情報を吟味して選んでいかなければと思いました。

多忙な一日ではありましたが有意義で考えさせられる一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロレス VS ボクシング

亀田君の試合見ましたか?私は夜勤で見れませんでしたし、ビデオにも撮らなかったので、あの試合の判定がどうだったか議論する資格がありません。ただ家で見ていた女房と娘はyahooのインターネット投票で相手の勝ちに投票したそうです(笑)そこでは94%の人がチャンピオンの勝ち(つまり相手の選手)と投票したそうです。多数意見が必ず正しいとは言いませんが、一つの指標になるのは確かです。八百長などというキナ臭い話も聞こえてきます。

八百長といえば、ちょっと強引ですがプロレスもよく議論になります。プロレスが大好きな私にとっては耳の痛い話です。プロレスが嫌いな人は、まずロープの最上段からニードロップで相手の喉元に体重乗せて普通なら死ぬよね?とかいいます(笑)ロープに振られて帰ってくるのもおかしいと。まあまあ、ひとつずつ考えましょう。最初にロープの最上段からというやつです。そもそもプロレスといえどもルールのあるスポーツであるということです。そのルールとは?「相手の両肩をマットにつけて3カウント取る」です。殺しあうのが目的でじゃないのですからロープ最上段から~は単にダメージを与えればいいのです。そのための技なわけで全ての技がそうです。一見ハデで凄そうな技ばかりですが、そこには多少のダメージを与えれるという事と見栄えの良いカッコイイ技である事が目的なわけです。何故かっこよくなければならないか、それは試合が彼らにとって練習の成果を見せる発表会の場であると考えたらどうでしょう?苦しい練習に耐えて長く戦った後にも、まだこんな体力を使う技が出せるんだという。だってフィギュアスケートでもそうでしょ?後半にこのジャンプを持ってくるのはスタミナのある証拠だなんていうじゃないですか。あれと同じですよ。じゃあロープに振って帰ってくるのはどうなんだ?あれはわざと相手の技を受けるために帰ってくるのですよ。「やっぱ八百長じゃん」まあ、待ってください。ここでやっとタイトルに出ているボクシングに登場してもらいましょう。その昔、ジョージ・フォアマンとモハメッド・アリが戦った時の事です。世間の評判はジョージ・フォアマンの勝ち一色。掛率は8対2でフォアマンだったと思います。そこでアリ陣営は作戦を立てました。前半はフォアマンのパンチを受け続ける。フォアマンのスタミナが切れ掛かる後半に一気に攻勢に出るというものです。そのためにアリはボディを鍛えました。フォアマンのパンチに耐えられるように。しかしいくら鍛えてもフォアマンのパンチはスゴイ破壊力です。ですから同時にガードを徹底的に鍛えました。もちろんスタミナも。いよいよ試合当日です。フォアマン陣営はリラックスムード。観客はフォアマンが何ラウンドでアリをKOするかが興味の的です。試合が始まるとフォアマンのパンチがアリを捕らえます。ロープを背負ってパンチを受け続けるアリ。勝敗はすぐにつくと思われました。しかし、打っても打ってもアリは倒れません。確実に当たっているはずなのに倒れないアリを見てフォアマンは精神的に動揺します。なんとかKOしようと躍起になってパンチを繰り出すフォアマン。スタミナも徐々になくなってきます。ついにアリ陣営からGOサインが出ます。アリは一転ヒット・アンド・アウウェイ(打っては離れる)戦法に出ます。そしてついにフォアマンからダウンを奪い世界王者に返り咲きました。このときのアリの戦い方を見た人が後に「蝶のように舞い蜂のように刺す」と表現しアリの代名詞になりました。長々とスイマセン。私が言いたいのはプロレスでわざと相手の技を受けると八百長と言われ、ボクシングでわざとパンチを受けると作戦と言われるのはおかしくないですか?と言う事です。一部分だけ取り上げただけでは反論にはならないでしょうが、ちょっとでも考えてもらえたらいいと思ってます。じゃあお前は真剣にプロレスがガチンコでやってると思うのか?そう聞かれると微妙な部分も答えられない部分もあります。しかしいろんな要素を含んだ特殊なプロレスというものを皆さんもっと寛容に受け入れて楽しんでみませんか?

冒頭の亀田君の話に戻ります。疑惑の?判定であるものの10代での世界チャンピオン。たいしたものです。それだけの努力をしてきたからこそと思います。ただ世界チャンピオンなので、あの言動はなんとかならないでしょうか?スポーツの世界はやはり相手を尊敬するところから始まるのではないでしょうか?亀田君の今後に期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡という名のよくある事

愛知県も高校野球の甲子園代表校が決まりました。イチロー、巨人の工藤投手で有名の愛工大名電です。県大会の準決勝、対春日丘戦でのこと。8回を終わってスコアーは6対3で春日丘3点リード。名電の攻撃も9回ツーアウトランナーなし。ここから奇跡が始まります。堂上くんの内野安打(ヘッドスライディングで微妙な判定)でランナー1塁。後続も続いて6対5の1点差まで追い上げました。最後は満塁から代打の子(名前忘れました)がライトオーバーの走者一掃逆転3塁打。結局8対6で名電が勝ち、翌日の愛三大三河との決勝も制して代表となったわけです。

奇跡という言葉を広辞苑で引いてみると「常識では考えられない神秘的な出来事」とあります。正にそのとおりですね。しかし、こと高校野球となるとこの「常識では考えられない神秘的な出来事」が頻繁に起こるわけです。これでは、もはや高校野球では奇跡は奇跡でなくなってしまってます。アマチュアだから起こるのでしょうか?明日無き戦いだからでしょうか?まあ、どちらにせよ面白い試合を見せてくれればいいんですが。ただし昔のように高校球児に品行方正、高校生らしさ(よく分からん言葉です)を求めるのは止めませんか?彼らを純粋だの無心だのと作り上げるのはやめましょうよ。みなさんも知ってるでしょ?野球をやってれば卒業できる高校とか、授業が免除されたり。部室でもタ○コやらマー○ャンやらバ○クやら。もっと泥臭く真実を出しません?もちろん中には真面目な子もいるとは思いますが。そんな彼らが広辞苑でいうところの「既知の自然法則を超越した不思議な現象で宗教的真理の微と見なされるもの」を起こす不自然さを楽しんでみたいです。あっ!宗教的といえばPLや天理など宗教関連の学校が甲子園の常連校というのも興味深い事実ですね。今年は、どんな奇跡が起こるんでしょうか?

話し代わって、今、このブログの名前を変えようと思っています。理由は最初、私がスロットをやりながらお金を稼いでロードバイクを買うまでの日々を追うために立ち上げたブログだったのですが、申し訳ないことにあっという間に買えてしまったのでブログ名とは関係ない記事が増えてしまったからです。ならば自転車にもっと乗って自転車に関する事を記事にすればいいんですが、週末にしか乗れずどうしても記事として更新するのには遅くなってしまうからです。かといって自転車に強要されながら乗る気にもなりませんし、ブログを更新するために自転車に乗るなんて本末転倒もいいとこですから。で、ブログ名の変更を思い立ったわけです。いいブログ名が思い浮かんだ時点で変更したいと思います。突然変えると思いますが、よろしくお願いしますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »