« 多忙な一日 | トップページ | 限りない可能性の日 »

卑劣な行為

いきなり穏やかならぬタイトルで申し訳ありません。しかし、非常に残念なことが今日ありました。それは私と仕事仲間、会社の上司が昔の仕事仲間の方の親が亡くなられたので葬儀へ行った時の事です。葬儀を終えて駐車場へ戻ってみるとなんと上司の車の後部ガラスが割られ中にあった仲間のカバンが無くなっていました。その車は納車されて一ヶ月半の新車です。それが葬儀の一時間あまりの間に見るも無残な姿になっていました。幸いにもカバンの中には貴重品は入れておらず実質的な損害はなかったとはいうものの、このような卑劣な、車好きの敵とも思える行為には非常に腹が立ちました。葬儀に参列された親族の方の中にも被害に遭われた方がいたようで、この卑劣な者達は2件もの車上荒らしを働き、現金以外のものは側溝へ捨て、逃亡したようです。何故このようなことが白昼堂々と行われるのでしょうか?人影の少ない所ならいざ知らず、民家が立ち並ぶ街中で起こった事も驚きです。私たちにもスキがあったといわれればそれまでですが誰がそのような事を考えるでしょう?しかも葬儀という場に参列しようとしている時に!私の上司も努めて冷静にしていましたが胸中を考えると言葉も出てきません。朝、もし私の車で行っていたなら多分私の車が被害にあっていたかもしれません。このような事は私たちにも、また他の方にも二度と起こって欲しくない事です。

そんな中で側溝に捨ててあったカバンを交番まで届けていただいた方がいた事は嬉しく思います。カバンの持ち主である仲間が御礼の電話をした時に「こんな所にあるのはおかしい。ひったくりにでもあったのかと思って交番に届けた。大丈夫でしたか?」とおっしゃっていたそうです。今は他人の事には無関心。変な事に巻き込まれたくないと見て見ぬ振りをする人が多い中、優しい方もまだまだいらっしゃると再認識し、偏った見方で変にわかったような事を言っていた自分が恥ずかしくなりました。

車好きとしてパンク魔や車上荒らし、当て逃げや何かの腹いせにボディーにキズをつける困った奴ら、こういった者がいなくなるよう願っています。

|

« 多忙な一日 | トップページ | 限りない可能性の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ジャムは、優しい方も見方などいらっしゃると
kecchinは、ネットで広い後部ガラスや、優しい方も穏やかと見方などを駐車するみたい…

投稿: BlogPetのジャム | 2006年8月 7日 (月) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卑劣な行為:

« 多忙な一日 | トップページ | 限りない可能性の日 »