« YUIのうた | トップページ | プロレス VS ボクシング »

奇跡という名のよくある事

愛知県も高校野球の甲子園代表校が決まりました。イチロー、巨人の工藤投手で有名の愛工大名電です。県大会の準決勝、対春日丘戦でのこと。8回を終わってスコアーは6対3で春日丘3点リード。名電の攻撃も9回ツーアウトランナーなし。ここから奇跡が始まります。堂上くんの内野安打(ヘッドスライディングで微妙な判定)でランナー1塁。後続も続いて6対5の1点差まで追い上げました。最後は満塁から代打の子(名前忘れました)がライトオーバーの走者一掃逆転3塁打。結局8対6で名電が勝ち、翌日の愛三大三河との決勝も制して代表となったわけです。

奇跡という言葉を広辞苑で引いてみると「常識では考えられない神秘的な出来事」とあります。正にそのとおりですね。しかし、こと高校野球となるとこの「常識では考えられない神秘的な出来事」が頻繁に起こるわけです。これでは、もはや高校野球では奇跡は奇跡でなくなってしまってます。アマチュアだから起こるのでしょうか?明日無き戦いだからでしょうか?まあ、どちらにせよ面白い試合を見せてくれればいいんですが。ただし昔のように高校球児に品行方正、高校生らしさ(よく分からん言葉です)を求めるのは止めませんか?彼らを純粋だの無心だのと作り上げるのはやめましょうよ。みなさんも知ってるでしょ?野球をやってれば卒業できる高校とか、授業が免除されたり。部室でもタ○コやらマー○ャンやらバ○クやら。もっと泥臭く真実を出しません?もちろん中には真面目な子もいるとは思いますが。そんな彼らが広辞苑でいうところの「既知の自然法則を超越した不思議な現象で宗教的真理の微と見なされるもの」を起こす不自然さを楽しんでみたいです。あっ!宗教的といえばPLや天理など宗教関連の学校が甲子園の常連校というのも興味深い事実ですね。今年は、どんな奇跡が起こるんでしょうか?

話し代わって、今、このブログの名前を変えようと思っています。理由は最初、私がスロットをやりながらお金を稼いでロードバイクを買うまでの日々を追うために立ち上げたブログだったのですが、申し訳ないことにあっという間に買えてしまったのでブログ名とは関係ない記事が増えてしまったからです。ならば自転車にもっと乗って自転車に関する事を記事にすればいいんですが、週末にしか乗れずどうしても記事として更新するのには遅くなってしまうからです。かといって自転車に強要されながら乗る気にもなりませんし、ブログを更新するために自転車に乗るなんて本末転倒もいいとこですから。で、ブログ名の変更を思い立ったわけです。いいブログ名が思い浮かんだ時点で変更したいと思います。突然変えると思いますが、よろしくお願いしますm(__)m

|

« YUIのうた | トップページ | プロレス VS ボクシング »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡という名のよくある事:

« YUIのうた | トップページ | プロレス VS ボクシング »