« バレーワールドGP | トップページ | 新型導入! »

スゴイ問題作!

遅ればせながらDVDで問題作を見ました。見終わった後ボーッとしてしまいました。その問題作とは「ドッグヴィル」です。主演がニコール・キッドマン。監督が「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー。人間の本質を暴き出す非常にスゴイ作品です。

まずこの作品にはセットがありません。家と家、道と建物は白線で仕切られてあるだけです。ドアも無ければ、もちろん壁もありません。ですから隣の家でしていることが筒抜けで画面上では見えてしまいます。もちろん出演者は見えてない演技をしています。まるで舞台劇を見ているようで不思議な感覚です。しかしそれも話が進むにつれ気にならなくなります。ストーリーがスゴイですから。

田舎の町に一人の女が逃げてきます。ギャングに追われているようです。村人はかくまうことにしました。しかし彼女を信用できません。そこで彼女はかくまってもらう代わりに各家を回り労働をして信用を勝ち取っていき村に住むことを許されます。しかし日が経つにつれを弱味を握っている村人と村から追い出されたくない女の間に優劣関係ができます。だんだんと村人は傲慢になり女を奴隷のように使い出します。男たちは女に平気で体を要求しだします。それでも村を追われたくない女は我慢をします。この人達は狭い世界で生きていて弱い人達なんだ自分もこの村にいたら同じことしたに違いない。・・・というストーリーです。

ラストはどうでしょう?詳しくは書きませんが「傲慢」と「責任」いう言葉がキーワードになってきます。何が傲慢で何が傲慢でないのか?責任の取り方とはどのようなもので、どう取るのが正しいのか?非常に考えさせられます。ある意味女が最後に取った行動は傲慢な村人に対し責任ある行動をとったとも言えるでしょう。しかしそれが正しいかどうか誰が評価するのでしょう?それ自体を自分が評価する或いは自分で行動を取る事自体が傲慢なのではないでしょうか?

この映画を見て「es」という映画を思い出しました。看守と投獄者に別れ普通の市民が実験させられる映画です。自然と看守たちは立場を利用してイジメや嫌がらせをし始めます。「ドッグヴィル」の村人のようです。

人は優位な立場にいると傲慢になってしまう生き物なのでしょう。戦争でも同じです。勝っている国の兵が村人たちを虐殺してしまうのもこういった心理的なものが働いてしまうのでしょう。これが狂気なのでしょう。しかしそれは人間の本質であって誰もそれを裁いたりはできないのではないでしょうか?「ドッグヴィル」の女も最初はそう考えます。この村人たちを許そうと。しかしその上から見ているような考えこそが傲慢なのだと言われ考え直します。確かに難しい問題です。堂々めぐりです。ですから答えは人それぞれ違ってくるでしょう。こういった映画を見ていろいろ考えるのは楽しいもんです。あ~面白かったで何も語るべき事がない映画もたまにはいいでしょうが、やはり映画は何かしらの問題提起をしてくれるものの方が楽しいです。そういった意味で「ドッグヴィル」はすばらしい、スゴイ映画です。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」と共に後味は悪いですがいい映画です。

蛇足ですがラストに流れる歌はちょっとイメージが違うノリの歌です。それのバックに出る映像がまた病んだアメリカを映し出しています。この監督は確信犯的にこのラストを流しているようです。陽気な歌と気が滅入るような映像で今の病んだアメリカの裏と表を対比させているようです。歌自体はデビッド・ボウイの「ヤング・アメリカン」でイギリス人なのですが・・・。まあアメリカ人以外の人種が見たアメリカ観といった映画なのでしょうね。

|

« バレーワールドGP | トップページ | 新型導入! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

きのうジャムが、労働するはずだったみたい。

投稿: BlogPetのジャム | 2006年9月22日 (金) 14時59分

難しい非常などを関係しなかった?

投稿: BlogPetのジャム | 2006年9月14日 (木) 15時04分

面白かったで映画と弱い映像とかギャングと優劣とかを出演したい。

投稿: BlogPetのジャム | 2006年9月 6日 (水) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スゴイ問題作!:

» デビッド・ボウイ 3 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00513 デビッド・ボウイのアルバム『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』 明日は夕方出発してホテルに泊まるだけなので、久し振りにゆっくりしています。 とは言えツアコンの様な仕事内容(一行約25名)なので、休まる日が無い役割なのが玉にきずです。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 00時46分

» デビッド・ボウイ 3 [まい・ふぇいばりっと・あるばむ]
NO.00513 デビッド・ボウイのアルバム『ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ』 明日は夕方出発してホテルに泊まるだけなので、久し振りにゆっくりしています。 とは言えツアコンの様な仕事内容(一行約25名)なので、休まる日が無い役割なのが玉にきずです。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 00時47分

» cyberpunk [cyberpunk]
chamagnieu clearstream colin clark castil de vela [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 08時08分

« バレーワールドGP | トップページ | 新型導入! »