« X-MEN ファイナル | トップページ | ブライアン・デ・パルマ »

あの日、あの時の記憶。

Wtc_poster 9・11 おそらく世界中の人達が、あの時自分が何をしながらニュースを見ていたのか、記憶しているんではないでしょうか?かくいう私も、あの時、夜勤をしていて女房からのメールで事件を知りました。TVを見た時に目に飛び込んできた衝撃的な映像。しかし、その後には更に衝撃的な事(ビルの崩壊)が待ち受けていました。映像を見ながら世界は戦争になっていくのだろうかと不安になったのを覚えています。

その瓦礫の中、正に生き地獄のような状況で救出を待つ2人の警察官がいました。「ワールド・トレード・センター」はその2人と家族の物語です。

監督は「プラトーン」「JFK」のオリバー・ストーン、主演はニコラス・ケイジ。物語の早々からビル崩壊のシーンがあり2人は瓦礫に下敷きになったままストーリーは進みます。時折起こる瓦礫の崩落が緊張感を高めます。自分があの状況だったなら・・・。思わずゾッとしてしまいます。

そんな中、救出を信じる家族、仲間、惨状を目にして会社から駆けつける元海兵隊員。アメリカ中が一つにまとまったと言ってもいいかもしれません。

感動する映画ですが、必要以上に泣かせようとする演出はなく好感が持てます。ただ最後まで見ても、良かったぁ~と思う気にはなれませんでした。当然です。何千人という人犠牲になったのですから。そういった事は映画の中でセリフとして語られます。

映画化するのは時期尚早だという声もあったと聴きます。確かに映像を見ると遠く離れてニュースを見ていた私も生々しく思い出しました。アメリカの人達は、より強く思ったでしょう。商業ベースの映画である以上、この映画を評価するのは難しいと思います。しかし、商業ベースの映画だからこそ出来る事もあると思います。それは多くの人がこの映画を見る事で達成されると思います。

|

« X-MEN ファイナル | トップページ | ブライアン・デ・パルマ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの日、あの時の記憶。:

« X-MEN ファイナル | トップページ | ブライアン・デ・パルマ »