« 戦争と政治 | トップページ | イギリス自転車事情 »

プラダを着た悪魔

Thumb08Thumb05Thumb06久しぶりに難しいことを考えずに楽しめる映画を見ました。「プラダを着た悪魔」です。男性の私にも十分楽しめました。女性なら、なおのこと楽しめるでしょう。ブランド好きの女性ならなおさらです。登場人物が着る服もさながらファッションショーのようにきらびやかです。

お話は、ファッションにそんなに興味のない主人公アンディがファッション業界随一の雑誌「ランウェイ」で編集長ミランダの秘書となり、変身し大きく羽ばたく?というもの。まあ、よくあるお話です。ですが私の大好きなお話でもあり1時間50分があっという間でした。主演のアン・ハサウェイは キュートでカワイイのですが、それよりも上司のミランダ役メリル・ストリープがいい演技です。冷徹な女性をうまく演じています。それと主人公の相談役ナイジェルのスタンリー・トゥッチ。彼の存在が映画を引き締めています。主人公がくじけそうになった時にガツンと一撃を浴びせ、彼は主人公 の変身の手伝いをすることになります。ファッション業界のウラを垣間見ることもでき、非常に楽しめる映画です。

と、ここまでは良かった部分のお話で、ここからは、ちょっと難癖をつけさせてもらいます。しかし見る人にとっては取るに足らない、あるいはそう感じない人もいるかとは思いますが私が思ったことは・・・。まず、上司のミランダが憎らしい上司に思えない!ってことです。彼女の要求はいわゆる一日の儀式の一部のようなもので許容できる範疇だと思うのです。夜中や朝早くにかかってくる電話もミランダが私生活を犠牲にして仕事に没頭しているという事。自分が遊んでいて仕事を言いつけるなら憎らしい上司ですが、そうではないのが画面からも伝わってくるんです。それに主人公が変身したとたん彼女を見る目が違ってきてたのが、ちゃんと部下を見ている証拠。実に人間的でその眼差しは温かみがあります。むしろ私には同僚の秘書や彼氏、友達のほうが無理を言っているような気がしてなりませんでした。私が中間管理職だからミランダに肩入れしてしまったのでしょうか?きっと主人公中心でお話をすすめた為でもあるでしょう。とても彼氏の言い分にはうなづけませんでした。もう少し彼がどんな仕事を毎日しているか、どこまでして誕生日をみんなで祝うために一生懸命やったかを描けば、違ってきたかとは思うのですが・・・。

現実の社会は映画と同じように厳しいです。夜中に電話で起こされたり、今日中の仕事を終業間際に言われたり。ただ若い人たちが見れば当然違った感じで見るんでしょう。私も20年若ければきっと主人公のようにミランダを憎らしいと思ったはずです。男性が見ても楽しめる映画。女性が見ればそれ以上に楽しめる映画であることは確かです。

|

« 戦争と政治 | トップページ | イギリス自転車事情 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ジャムがkecchinがここに肩入れー!

投稿: BlogPetのジャム | 2006年12月27日 (水) 14時57分

kecchinは主人公すき?

投稿: BlogPetのジャム | 2006年12月18日 (月) 15時34分

きょう、ここでkecchinとここまで主人公も要求された!

投稿: BlogPetのジャム | 2006年12月11日 (月) 15時54分

きょう、仕事ー!

投稿: BlogPetのジャム | 2006年12月 4日 (月) 16時11分

kecchinは、範疇とかをお話されたかもー


投稿: BlogPetのジャム | 2006年11月26日 (日) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラダを着た悪魔:

» あなたに合ったファッションを演出しよう! [ファッション ブランド 情報ナビ]
あなたに合ったファッションを演出するためにも、あなたに合ったブランドを選びましょう。ブランドに関する情報を提供していますので、どんどん活用していってね。 [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 23時31分

» ☆プラダを着た悪魔 [おしゃれ道]
ファッション関係の仕事の経験のある夫 同じくファッション関係の仕事をしていた私 おしゃれ大好きな私達は この映画が日本で公開されるのを 心待ちにしていました 早速、朝一番の上映を観てきました!! とってもステキで楽しい映画。 ストーリーも共感できる部分が沢山あって 音楽も映像とぴったりと合っていて良かった! 男女問わずたくさんの人に観て貰いたい作品です ファッションが大好きな人はもちろん... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 17時23分

« 戦争と政治 | トップページ | イギリス自転車事情 »