« あの男が再び・・・。 | トップページ | マジシャン対決 »

ゾディアック事件

326201view001 長いこと映画を見ていると見終わった後に何日間も頭から離れない映画に出会うことがあります。「ディアハンター」「エクソシスト」「ジョーズ」「地獄の黙示録」。まあインパクトが強いということもあるんでしょうが・・・。

そんなわけで今回の「ゾディアック」です。アメリカで実際に起きた未解決の連続殺人事件を映画化したものです。とはいっても安易に犯人を推理して強引にお話326201thumb006を終わらせるような造りはしていません。「ゾディアック」事件を題材にしながら犯人を追い求め人生を狂わせてしまう男たちを描いた人間ドラマになっています。ですからこの映画にエンターティメント性を求めて見に行くと肩透かしを食うことになります。僕はこの人間ド ラマに心を惹かれました。有名な登山家の言葉を借りるなら登山をするのは「そこに山があるからだ」と言うように、このドラマに登場する男たちは明確な理由が見つからないまま犯人を追い求めていくことになります。一つ理由をあげるなら主人公が言っていた「犯人の目を静かに覗き込んでみたい」という好奇心の為だけです。

とはいえストーリー中の殺人の場面はヘタなホラー映画を超えるほどの出来栄えです。ラスト近くの「地下室のある家」での場面は手に汗を握る緊迫感です。ドキュメンタリー的なつくりをしながらもエンターティメント性も兼ね備えたバランスの良い非常にレベルの高い作品です。

326201thumb007 数ヵ月後、数年後などと時間軸を移動しながらもドラマとして破綻することなく見るものをひきつけるあたりは脚本のうまさと監督のセンスなのでしょう。遅れましたが監督は「セブン」「パニックルーム」で有名なデビッド・フィンチャーです。流石です。

「大統領の陰謀」をモチーフしたというように新聞社内部での場面は良く似ています。ラストも賛否分かれるところでしょうが、僕はいい終わり方だったと思います。実際の事件で未解決である以上あの終わり方で十分です。犯人を追い求めた男たちの物語なのですから。

いろいろセリフが後になってかかわってくるものなので出来ればもう一度見返してみたいと思います。そう思わせるほど魅力のある映画でした。冒頭にも言いましたが何日間も頭から離れない余韻の残るいい映画でした。2時間37分も長くはありませんでした。

|

« あの男が再び・・・。 | トップページ | マジシャン対決 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
同じ意見の方がみえてうれしいです。
こういった映画と年に何本も出会えると
いいですね。登録もしていただいて結構です。
またコメントよろしく。

投稿: kecchin | 2007年7月12日 (木) 13時37分

初めまして。

私もこの作品を観たのですが、「頭に離れない」というのは同感です!デビッド・フィンチャー監督が目当てで観たのですが、さすがに「ファイト・クラブ」等とは違って、カメラアングルは控えめでしたけど、それでも私は好きな作品の1本です(^^)

トラックバック登録させて頂いてよろしいでしょうか。宜しくお願い致します(^^)

投稿: RIE | 2007年7月12日 (木) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゾディアック事件:

» いい作品には褒め言葉。 [My Favorite Movies]
今日は、ジムに行ってストレス発散をし、そんなにストレスたまってないが(苦笑)。。その後、ペアストレッチというものを予約した。これは、体が硬い私にとっては無茶な行為かもしれん(苦笑)。インストラクターを指定出来るのだが、悩まずにスムーズに決まったけど、ちゃんとやってくれるといいなぁ・・。じゃないと、文句言ってる(笑)。 さて、今日は気持ちよい感想レポしよう(笑)。久々に劇場に行って、かなり満足したんだよね。 デヴィッド・フィンチャー監督作品「ゾディアック」。 まず、忠告しておこう。デヴィッド・フィンチ... [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 07時24分

« あの男が再び・・・。 | トップページ | マジシャン対決 »