« TVシリーズの劇場版 | トップページ | 祝、5年ぶりのV! »

包帯で他人のキズを癒す。

327916view001キズついた場所に包帯を巻いて、その人のキズを癒す。こういった発想自体がすごく好きです。「包帯クラブ」個人的には期待して見たわけですが、期待にたがわずいい映画でした。まずファーストシーンがいいです。ハンバートハンバートの癒し系音楽とすがすがしい映像。それと凛とした眼差しの石原さとみ。期待感が高まります。ひょんな事から知り合ったディノが始めたキズついた場所に包帯を巻くこと。これをホームページで掲載して他人のキズを癒していく。最初は他愛のないキズなのですが、だんだんと重い他人のキズを扱うことに戸惑いを感じていく。そうしながらもそれぞれが癒されたいキズを抱えていることを知る。まあ、こんなストーリーです。映像、若いキャスト、音楽どれもがすばらしく何故かほっとするそんな映画です。

327916view005 石原さとみは眼が印象的な女の子です。芯が強くみんなを引っ張るワラ役はうってつけです。柳楽優弥は変な関西弁を使うちょっと変わった高校生役。浮いているという人もいますが役自体がそういった役なのでオーバーすぎる演技でもうるさくはありませんでした。貫地谷しほりはコミカルな役もシリアスな役もうまいです。全体的に見てキャストに問題はありませんでした。

演出は堤幸彦。人物のアップを多用し印象的な映像です。特に石原さとみのアップは彼女の特徴的なくちびるとあいまって非常に印象に残りました。石原さとみを大切にかわいく撮ろうとしているのが良く分かりました。

ただ難をいえば、何故か説明的なセリフやナレーションが多かったことが残念です。そういったものは見ているものに考えることをさせないものです。作り手からのメッセージを送りたかったからか何なんでしょう?映像や演技で伝えてほしかったです。説明的なセリフで伝えてしまうのはマンガ的なやり方で映画的とは思えませんでした。

327916view003 しかし全体的に良く出来たすばらしい期待通りの映画でした。少なくとも先週に見た「HERO」のような人気TVシリーズという上にあぐらをかいた安易な映画づくりとは別物の数倍すばらしい作品でした。

|

« TVシリーズの劇場版 | トップページ | 祝、5年ぶりのV! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 包帯で他人のキズを癒す。:

» 誰でも出来るセルフレイキトリートメント~あなたを癒すのはあなたです~ [お気軽主婦がネットで副業生活]
■誰でも出来るセルフレイキトリートメント~あなたを癒すのはあなたです~詳しい内容はこちら本当の癒し、それは自分で自分を理解することです!誰でもできる セルフレイキトリートメント~あなたを癒すのはあなたです~どうして今まで気付かなかった...... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 11時40分

« TVシリーズの劇場版 | トップページ | 祝、5年ぶりのV! »