« 2007年9月 | トップページ | 2008年3月 »

祝、5年ぶりのV!

Photo_11thumbちょっと古い話題で恐縮ですがジャイアンツが10月2日に5年ぶりのシーズン制覇を果たしました。正直、終盤の3つ巴の争いで抜け出して優勝できるとは子供の頃からの熱烈なファンでありながら思いませんでした。まあ、しかし今は素直に優勝を喜びたいと思います。

優勝決定当日は地上波での放送はなくBS NHKでの放送でした。1点差で迎えた9回ウラ、逆転を信じてTVを見ていました。それには訳がありました。もう何年前になるでしょうか?パ・リーグ開幕戦、西武VS近鉄での事。近鉄先発の野茂(なつかし~い)は9回までノーヒットノーラン。9回ウラに初ヒットを打たれて、あれよあれよという間に満塁、そして現西武監督の伊東捕手に逆転満塁サヨナラホームランを打たれ敗戦したのでした。それ以来NHKが放送するときはホームチームが劇的なサヨナラ勝ちをする印象がついてしまいました。今年のシーズン初めにも阪神VS巨人でも延長で3点を巨人がリードし、勝ちを確信し見ていましたが豊田が打たれ4点を取られてまさかのサヨナラ負け。NHK恐るべしと思ったのでした。ですので今回もきっとNHKのご利益があると確信していました。

Gphoto009 ・・・が、しかしノーアウトのランナー代走の鈴木がけん制死したときには、さすがに諦めかけました。その後、李がフォアボールで1塁へ。さあ、二岡がつなぐと思った途端送りバント。え?1塁空いたら阿部は敬遠でしょ?大丈夫なの?清水が残ってたら面白かったのに。ここで矢野が代打。内野安打(ピッチャー触らなければ2塁ゴロでした)で2死満塁。さあ、今、絶Gphoto010好調の清水。ツーストライクツーボールからセカンド後方へのゴロ。宮本がよく追いつき捕るも1塁へ高投。1塁手取れず。李に続き阿部がヘッドスライディングで返りサヨナラ勝 ち!どっかの監督じゃないがシンジラレナ~イでした。

Gphoto016今年優勝できた大きな要因は、やはり小笠原の加入でしょう。初球から思い切って空振りする、ああいった思い切りの良さが今までの巨人にはありませんでした。あまりにもスマートにかっこよく決めようとしていた訳じゃな いかもしれませんが精一杯さが伝わってきませんでした。あの空振りが相手投手に威圧感を与えていたのでしょう。何かと中心選手として良くも悪くも取り上げられる小笠原が優勝後にTVインタビューで全員の勝利、李や由伸についていっただけと他選手を持ち上げていたのが印象に残りました。谷も忘れてはなりません。1年とおしてコンスタントに活躍し彼にとってもいい年になったと思います。

Gphoto014 まだクライマックスシリーズに日本シリーズがあり終わったわけではありませんが、シーズンを制したものが戦うかどうか分からない日本シリーズは単なるオマケとなってしまいました。ジャイアンツが日本シリーズに出て日本一になるのが最高ですが・・・。もちろん応援はしますが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年3月 »