« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

現代のお伊勢まいり

7/27に20年ぶりに鈴鹿8耐へ行ってきました。
目的はデジカメ一眼で写真を撮ることです。
カメラも性能が良くなったので、それなりのカメラなら
アマチュアの私でも満足(もちろん自己満足です)
できるレベルの写真ぐらいは簡単に撮れます。
あとはポジションを見つけることです。

20年前はWGP(今でいうmotoGP)に参戦していた
一流ライダーがメーカーのホーム日本ということで
威信をかけて勝利すべく乗り込んで来ていました。
W・ガードナー、W・レイニー、K・マギー、K、シュワンツ
M・ドゥーハンなどなど。ですので観衆も半端でなく
12~3万人は毎回いました。今では7万人前後です。
体感した感じでは4~5万人しかいないような
感じでしたが。

レース自体は途中、雨が降り出し大混乱。その影響で
トップも入替ったりしました。
結局、転倒してトップが再度入れ替わりましたが。
1コーナー、S字、逆バンク、シケイン、ヘアピンと移動しながら
写真を撮りまくりました。総枚数は500枚以上だと思います。
最後にはメディアが足りなくなり削除しながら撮影しました。

観衆は少なくとも昔ながらの雰囲気を堪能でき満足した1日でした。
体力が持たずゴールまでは居られませんでしたが来年も
チャンスがあれば是非、花火をコースサイドで見たいと思ってます。

データは重いですが今回の写真を数枚アルバムに入れておきます。
よかったら見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者達の夏

夏。若者。というと高校球児を連想しがちです。
真夏に野球に没頭しているのは高校球児だけではありません。
7/21にナゴヤ球場へ中日×阪神のウエスタンリーグを
見に行ってきました。2軍戦は一生懸命さが伝わっていいですね。
来年ここにいられるか分からないだけに一球一打に真剣です。
そういう意味では高校球児よりも過酷な状況で野球をしているのではないでしょうか?

Dsc006361_2しかしファンとは残酷なものです。2軍といえども勝つこと要求しています。
チャンスに凡打をしようものなら罵声が容赦なく飛びます。
多額の年棒をもらって2軍で調整しているようなレギュラー選手ならいざ知らず
低年棒の若手に罵声を飛ばすとは・・・。巨人ファンの私でも
ちょっと可哀相に思いました。

とはいえ2軍戦を見に行って1軍の選手が調整で出場していると
得をしたような気分になります。今回は中日には李選手が阪神には
なんと今岡選手がいました。1軍の選手はやはり身体が違います。
その他にも阪神には能見投手や太陽投手がいました。

Dsc00708_2まあ、結果は7-4で阪神が勝ちました。
9回には名古屋の星(?)堂上(直)選手が代打で登場し
能見投手からみごとホームランを打ちました。
しかしまだ、1軍には呼ばれていません。

私の一押し選手は田中捕手です。
肩が非常にいいイメージですが、どうも捕球から投げるまでが
時間が掛かり過ぎてるようで1軍のレベルにはまだまだということ
らしいです。バッティングも確実性が今一つですが
身体つきや雰囲気はいいものを感じます。是非1軍で見たいものです。
岩崎選手もいいですね。昨年よりも確実性が増したようです。

Dsc00770これから伸びて1軍に出てくる選手を見つけるというものは
楽しいものです。球場自体も小さくトランペットや太鼓での
応援がない分、打球音がよく聞こえ、これぞ野球というものを
満喫できます。選手も非常に近く感じて迫力もあります。
機会があればまた是非行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

な、なんと!

古い話ですがゴールデンウィークにロードバイクで公園へ出掛け
そこで写真を写しました。デジタル一眼を持っているのですが
その時は荷物になるのでコンデジ(IXY 910IS)にしました。
非常にいい天気で暑く、公園に着くや木陰に逃げ込みました。
その時に写した一枚の写真が自分的には気に入り
ダメを覚悟で雑誌のフォトコンに投稿しました。

それから2か月経ち忘れかけていましたが、いつも買うことから
本を手に取りパラパラめくると見覚えのある写真と自分の
名前が目に飛び込んできました。
何故だか、すぐに本を閉じ再度パラパラめくるとやっぱり
自分の写真と名前が!!!
まあ、初心者クラスですが入選をしていました。

10万近くする一眼で撮った写真ではなくコンデジでの写真が
入選とは皮肉なもんです
(デジ一眼での写真は投稿したことはないのですが・・・)
やっぱり写真は機材ではなく、そのものがどうかということ
なのですね。当たり前のことですが強く感じました。

初めての投稿で選ばれるとはラッキーです。
調子に乗って投稿しても今後は選ばれないかもしれません。
しかし写真を撮り続ける上で励みになるのは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »